発達障害 中学校選び

特別支援 中学校編です。

現在18歳、就労A勤務の発達障害の親である私が、自分の経験上、中学選びについてお話します。

小学校入学が終わったかと思ったら、すぐ中学校のことを考えるって大変ですよね。

でも、あっという間に、今度は高校問題が出てきます。

中学校選びは、小学校選びとは違います。

それは、たった3年間しかないからです。

小学校は6年間ありましたけど

中学は3年間しかありません。

中学の3年間って、あっという間です。

ですから、私が伝えたいのは、高校まで考えた3年間を考えてほしいということです。

どういうことかといううと

発達障害である以上、多分、就職問題が発生します。

私の経験上、親がなんも情報仕入れずに、スムーズに就職できた。そして就労定着も大丈夫という方は居ません。

高校卒業して、すぐ就職するのであれば、中学からか、高校からか、就職を意識したトレーニングを始めた方が良いです。

もちろん、高校を卒業しても、就労支援という2年間という期限付きで、就職トレーニングをした後に、立派に就職する人もいます。

それを否定はしません。息子もどこも就職が決まらなかったら、就労支援を使う予定でした。

ですので、

今日、お話するのは、高校卒業後すぐに就職ということを前提です。

小学校6年生、12歳で、そこまでなかなか考えられませんよね。

ですから、この問題は、お子様が5、6年生のうちから考えておいていただきたい問題です。

中学へ入学するにあたり、子供さんの状態を考えてください。

素直な従順な様子で、家の手伝いも言ううことない。

料理も、洗濯も上手よ。家のことは任せられるわというのであれば

就職トレーニングは、高校から出良いと考えます。

つまり、中学は普通の学校で、普通中学を卒業してから特別支援学校なり、私立のそういう専門学校なりを考えた方が良いと思います。

そうでない場合、家の手伝いも全くできない場合、就職トレーニングは急がれた方が、中学から始めた方が良いでしょう。

つまり、中学は、特別支援学校が良いと思われます。

そして今度は、友達関係からみていきます。

特別支援学校は、家の近所にはなかなか無いものです。

当然、小学校からの同級生は居ないのが普通です。

これは

普通の子供との交流時期を多く取るのか、そうでないのかという問題があります。

どう考えた方が良いのか、お手本がいるかもしれません。

地元の障がい者団体にお尋ねになるというのも方法です。

私は、ネットにもよく出てくるハルヤンネさんを参考にしました。

息子の状態と似ていると思ったからです。

ハルヤンネさんのお子さんは、普通学校の特別支援教室です。そこでの色んな出来事を本で読んだり、本人に聞いたりして

私は思いました。

息子に」よく似ている。これは地元の特別支援学級だと。

そしてもう一つの決め手は

小学校からの同級生が、そのまま中学に行っていたことです。」

小学校の同級生はいじめこもいましたが

大半は、息子のサポーターでした。

そして家の手伝いが、よくできていました。

朝の洗濯、夕方のみそしる作り、休日の掃除、毎日の風呂掃除と。

「お母さんのする事、ないですね」とよく先生に言われていました

余談ですが、母のすることは、

ジョブコーチだと思っていました。

ですから、中学入学に際する、教育相談の時に

「中学は地元で、高校から特別支援学校で」と言いました。

すると教育委員会から

「中学から、特別支援学校行くように」と通達がありました。

息子は、その時3歳ほどの言語レベルしかありませんでした。そういうのも理解はできますが

1回あっただけの教育委員会に、何が」わかるのよと

言いませんでしたが、地元を希望し、通りました。

地元の特別支援学級は、担当学科によっても違いますが

概ね、学年相当を学ばせてもらいました。

特別支援学校に行ったら、そうではないことを思うと

この選択は、

わが子の場合は間違いではなかったと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です