自閉症任意後見制度を使うかどうか

裁判所が後見人をつけなさいと言って、つけさせるのが法定後見。親がなる確率は3分の1

そして法定後見人と監督人に、ギャラを支払い続けます。

一方、任意後見は、未成年のうちに親権を使って、親が後見になります。

しかも、発動時期も親が決めます。

ギャラの支払いは、監督人には払わなければならないですが、

法定後見に比べたら半分になります。

さて、2022年から、成人は18才からになりました。

動かないといけないのは、18歳までです。

この事実を支援学校で説明はなかったです。

任意後見をつけるのなら、急がなければなりません。

これをやろうと夫と話し合いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です