配当金生活よりSP500を選ぶわけ

色んな人が、高配当ETFを推していますが

こんな考えをしているので

私は高配当ETFには投資しません。

投資は自己責任で。。。。

unrecognizable woman on pier near wavy ocean
Photo by Ben Mack on Pexels.com

1、高配当ETFは、

高配当なのかもしれませんが、株価が下がったら、危ない。

SP500が15%上がった年に

Iシェアーズコア米国高配当株ETFは7%下がっています。

年利5%の配当をもらっても

採算が合いません。

2、経費が高い

3、SP500は色々の会社が入っているから、リスク分散されている

4、アップルの配当金は0、61%

株価は1年で85%上昇

つまり

アップルに1億投資したら1年で1億8500万になるが

配当はわずか61万円。

それぐらい、ちゃんとした会社は

株価を上げることに重視し

配当は、ほとんど考えていないと思います。

5、SPYD

1年で17%下落も

配当は3、76%

結局、これに投資しても損失になるだけ

6、SP500は

あと20年売るつもりはないです。

仮に20年後に買った値段より株価が下がっていたとしても

その間のリターン再投資が

総額をプラスにしていくそうです。

15年保有した場合、今まではどんな時でもマイナスになった事は歴史上ないそうです。

7、リスク対策に

確かに株100%だと危険だと承知しています。

だから債券で持つなら

株価に連動していない

例えば

ソフトバンクの社債なら買うかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です