自閉症小学1年生

小学校時代の回想です。

「帰り道がわからない」
と涙ぐむ小学1年生が一人。

携帯を持っていたのが私だけだったため、自宅に連絡。でも不在。
先生は、もう一人の先生に後を頼んで、そのこを連れて学校へ戻っていきました。

とそのうち
「う~ん。ここはどこ?」
という子がまた一人。

「朝来た路を帰るんだよ」

「う~ん、違うみたい」

という訳で、最後の先生もまた消え。

私がまるで先生のように

「はい、まっすぐ帰る人?」
「は~い」
「では、おばちゃんは左に行くから気をつけて帰りなさい」
「は~い。さようなら~」

という具合に、帰って着ました。小学1年生ってこんなもん?

息子の障害が目立ちませんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です