発達障害 暴力を抑え 表現伝える方法

息子は幸い、暴力はなかったですが、

時には怒りがあるのは、わかりました。

そんな時には、後述の方法を用いて

思いを推し量りました。

知り合いに何人も、子供の暴力で悩んでいる人が居ました。

パニックを起こすと手が付けられないくらい

かべというかべ、窓という窓が

壊された。

発達障害が専門のJ大教授が、

実家に帰った時に、発達障害の妹について話していました。

それは、障害の程度によらず

アスペルガーも同じでした。

単に、暴力を起こしたくてしてるわけではない事も。

言葉で表現出来ない

伝えたくても伝わらない

そんな思いを、

伝える方法が、日本でも知られています。

Teacch

ABA

コミック会話

田舎だと、これを使う人は少ないですが

とても有効です。

息子は、子供のうちに、これらに出会えた事は

有難い。

もし、これから問題が起きても

この方法で、乗り切れそう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です