発達障害 ヘルパー付ボウリング試合

リュックに7キロ近いボウリングボールを

背負って

隣町迄、ヘルパーさんと電車で行きました。

家から駅まで3キロ位あるから、そこが大変かも。

ヘルパーさんにも、指導方法を、1分くらい説明しました。

ヘルパーさんも、ボウリングしたことあるから、わかりますとの事。

でも、この方法は、少し違いますね。と

私も、この方法は初めてです。どうなるか。

今日は

一般の人と試合です。

店側に

心の広い人と、一緒のグループで投げさせて下さいと

お願いしました。

国体選手も参加する様な試合です。

そんな選手の近くに居たら

ピリピリしそう。

シルバーの試合に出てそうな

優しいお爺さん、お婆さんと、同じグループだったら

可愛がられるんだけど。

息子は、お出かけ出来る。外食できると、

給料財布持って

喜んでいきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です