親権を使う 後見制度の準備 

賛否両論ある後見制度ですが

息子 未成年を利用して

親権を使って

今のうちに準備します。

成年になっても方法はあるそうですが

我が家は住民票が、一緒になってるうちにやる事にしました。

後見制度はトラブルが多いと聞いて

絶対やらないと思っていましたが

思いがけなく

親権を使う方法があるのを知りました。

鹿児島でやってる人は居ないそうで

福岡まで行きます。

もしかしたら時代が変わって

無駄になるかもしれません。

でも

今出来る事は、やりましょう。

息子の未成年時代は後9ヶ月しかないから。。。

息子に印鑑証明を作りました。

これが成人になって、

別居している親だと

委任状が必要です。

住民票や登記簿を

行政書士に送りました。

行政書士が、公証人役場で予約を取り

あとは、私ら夫婦が出向いて完了だそうです。

親なき後の準備の一つです。

50を過ぎても勉強ってだいじです。

50を過ぎても初めて知る事がありました。

参考図書はこちらから

障害のある子が「親なき後」も幸せに暮らせる本 [ 鹿内幸四朗 ]

価格:1,760円
(2021/3/12 20:33時点)
感想(1件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です