日置市 伊集院 歴史散歩

日置市中央図書館からスタートし、

すぐ近くの

有馬新七のお墓参り

本人の希望で

墓は京都の天皇に向かって建てられたそうです。

だから他にの墓と向きが違います。

そこから歩いて

みなかたと読むのが本当だそうです。

石に刻まれた読み方も習いました。

戊辰戦争の時に

官軍として出陣した人たちの供養もしています。

また

歩いて行くと

永平橋

西郷隆盛がこの字を書いたと

教育委員会の表記がありますが

当時

西郷は、下級武士だったので

この橋の建設に携わっていたのは確かですが

下級過ぎて

書いたと言うのは

無理があるそうです。

又、歩いて

こんな所に稲荷神社。。。

日置の5大神社の一つだったそうです。

江戸時代にタイムスリップしたみたい。。。

3時間歩きました。

一度もトイレに行くことが無く

無事に終わりました。

ありがたや。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です