再燃しても、広島漢方継続に

再燃したから。

ステロイドと広島漢方の併用は出来ないのが原則なので

継続できないと思っていたら

昨日の

内視鏡検査で

「それほど悪くない」

とのことで

限定的なステロイドなので広島漢方も継続

と決まりました。

結腸付近のビランが原因だそうです。

でも、

結腸用の腸注では効かず。。。

そして

なんで

リアルだでなく、広島なのか

担当者
担当者

リアルだで、
抑えこませるとは
思えない

と主治医。。

主治医も広島漢方の実力をわかってるのね。。。

リアルだが効いたのは半年でしたが

広島漢方は3年。

広島の勝ち〜

でも

あの嫌なステロイドは始まるので

いろんな薬が追加されました。

ステロイドのために追加された薬

1、ミノドロン

4週間に1度のペースで飲む

骨粗鬆症の薬です。

ステロイドは、骨を脆くするそうで

骨折予防です。

調べてみると

「飲む前に歯科治療は全て終わらせておくこと」と

ネットには書いてありました。

びっくりです。

そんな大事なことを説明されてませんでした。

カルシウムの流失を妨げ

一方、骨組織の生成は行われず

抜歯をしたら、壊死が起こることがあります。。。。

2、バクトラミン

睡眠薬です。

希望して、処方してもらいました。が

ものすごく強い薬らしく

朝も薬が残ってるらしいです。。。。

早朝、仕事っていう時は

いつものメラトニンにしとこ。。。

さて、今日から

ステロイド。

夫が

「仕事に来て」と

言わなくなったのが、ありがたい。

不眠になるから、よく体を動かして

夜に備えよう。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。