老後資金対策の6つのポイント

みんなの年金、いくら貰えるか把握出来ていますか。

私の場合は

国民年金、付加年金、2年分の厚生年金

に支払ってるので

65歳から年に70万ほど貰えるそうです。

それでは、全然生活していけません。

calm lake with glaciers near rocky island
Photo by Lyn Ong on Pexels.com

だから

対策は

1、2020年8月からやってる積立ニーサを65歳まで月5万円づつ積み立てる。

うまく行けば、1000万円になります。イーマックス スリムSP500は、

今は値上がり中です。

失敗しないと言われている15年以上の長期投資を目標にします。

2、年金開始を70歳からにします。

年金開始を70歳にしたら年に100万円ほどになります。

65歳からもらうのとでは、1、5倍になります。

70歳まで働けるかな?

3、今住んでいる住居を人に貸し、自分は親の残した家に住む。

これが出来たら、65歳リタイアが出来ます。

4、住居のリニュアルでお金がかかるから、現金は持っておく。

今住む家を、

人に貸すために外壁塗装だけで100万円ぐらいするから、

そのために貯蓄しましょう。古い家はあちこち壊れます。修理代見積もって200万円かな?

5、相続税でお金がかかるかもしれないから、

現金は、多めにしておきます。

相続人を増やすために、孫を養子にしました。

6、付加年金

若い時にこれに入っていて良かったです。

でも、これに入ると国民年金基金に入れなくなります。

ご注意を。

私は、国民年金基金に入るほど収入がなかったから付加年金にしましたが

収入のある人は、国民年金基金が良いかもしれません。

色々調べてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です