発達障害の老後対策 投資

息子は、障害者年金がもらえるはずですが

person holding black ceramic teapot
Photo by cottonbro on Pexels.com

それだけでは、絶対生活していけません。

多分、会社で働いた給料と年金でやっとこさ

生きていけるでしょう。

では老後はというと、

会社も辞めているだろうし、また年金のみになります。

多分、月々6万円位。

このままだと苦しい老後はわかっています。

息子の老後まであと40年以上あるので

昨年から、息子名義で

イーマックス、スリム、全世界株式の積立投資を始めました。

まだ数ヶ月なのですが、

年利8%と好調です。

この調子なら月1万円の積み立てで40年後は2000万円以上になるようです。

しかし、どうして、個別株にしなかったかというと

今ある個別株が、40年後に生き残っている確率を考えました。

今、業績の良い会社でも、40年後には、半分も残っていないと思います。

投資のプロでもない私が、生き残れる会社を選べる筈がありません。

AIが選択する投資信託の方が安全だと思ったのです。

順調に積み立てられて2000万円貯められたとして

40年後に、私がこの世にいる確率は低いです。

だから、40年後の息子の投資信託の出口戦略を、

娘にも話しておこうと思います。

まだまだ死ねない。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です