ただいまと、おかえり 発達障害の言語療育

高校に入るくらいまで

ただいまと

おかえり

の区別がつかなかった息子ですが

高校になってから

急に出来出しました。

理由は

高校で

報告の練習があったこと。

職場から離れるときに

必ず

先生に報告します

そして戻ってきたら

息子
息子

ただいま、帰ってきました

と報告するように

学校でトレーニングがありました。

ただいまに

理由をつけるなんて

さすが特別支援学校だわね。

「おかえり、帰ってきました」にはならないのはわかったようです。

小学生の頃は

自信なさげに

息子
息子

ただいまん、おかえりん

とかすれるような声で

一緒に言っていました。可愛らしい時代もあったもんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です