潰瘍性大腸炎 登山 道に迷う

障害のある息子と一緒に登山に

息子終始楽しそう

高速道路も楽しみの一つです。

と言うわけで

写真撮る余裕の無いほど

道中は

急斜面でした。

帰りは

急斜面が嫌で

まき道行こうと言う事になり

息子を

リーダーにしていくと

息子
息子

道が無くなりました

息子が障害があるから道に迷ったのでは無く

登山道を示すテープが

間違った場所にあったのが原因です。

YAMAPで見たら

50m位横に移動したら

本道に戻れる筈と、

横に移動しようとしましたが

薮こぎになってしまいそうだったので

危ないと判断。

此処で格言登場。

山岳連盟理事長に習った

息子
息子

迷ったら上に登れ

を合言葉に

上に登り、

よーく見たら

赤テープが違う場所に見え

ようやく

本道に戻れました。

焦ったなー

まき道使う人がいないらしく

テープもあまり無

此処はピストンした方が良かった

難易度1と本に書いていましたが

階段は全く無く

半分位は

ロープ使いでした。

それなりに

クライミング技術も使えたから

面白かったです。

途中の迂回ルートで迷った痕跡がある。。。。

バス停が登山口だから

バスでも来れそう。

潰瘍性大腸炎の私は

トイレをずっと探してたのですが

全く無く

コンビニすら登山口付近に無く

結局5時間

トイレに行かず。

大丈夫でした。

私は、今回で自信が付きました。

5時間もトイレ我慢出来たので

次は開門岳に登りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です