お金と、文鳥

節約家の私が、ペットを飼うのに重要視したのが

もちろん、お金です。

しかも、

可愛いさは必須条件。

それに合致したのが鳥でした。

犬も猫も予防接種とか、色々ありそうで。

出費も多そう。

そして

鳥は鳥でも、おうむや、インコは顔が怖い。

可愛い文鳥にしました。

そこで

文鳥買うにあたり、その価格について書いてみます。

文鳥の経済学

1、成長した文鳥は2,000円。しかし手乗りになるかどうか不明。

2、離乳食終わったヒナなら、価格は7,500円。確実に手乗りになるらしい。

3、餌は、栄養が全部入っている、獣医推奨ペレットは、1シーズン1,500円。

4、籠は、5,000円。

5、背中を触ると想像妊娠して卵詰まりの原因になり、

 獣医さんに行かないといけないから気をつける。

それさえ無ければ、病院代は要らない筈。

6、ペットショップのオーナーさんも言ってたけど、文鳥はとにかく丈夫なんだそう。

7、気温は高めの25度から35度にしておく事。ヒーターが5,000円でした。

8、文鳥と一緒に生活する事の豊かさは、1ヶ月数万に匹敵する。

 口角が上がって、にやけてしまいます。

9、あ、ペットホテルは1泊600円でした。

あー、文鳥って可愛い。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です