相続時精算課税制度と歴年贈与を同じ年にできるか

親が高齢になると

相続対策が必要になります。

相続対策として

相続時精算課税制度と

歴年贈与

この二つを同時にしようとして

証券会社に相談したところ

crop anonymous person calculating profit on smartphone calculator near banknotes
Photo by Karolina Grabowska on Pexels.com

結論

同じ年にはできません

なぜなら

税務書類は

年単位です

両方を同じ年にすると

相続時精算課税の申し込みと

歴年贈与の申告を

同時にする事になり

歴年贈与ぶんは

相続時精算課税に引っ張られ

結果的に

歴年贈与にならないことになります。

との回答でした。

よって

私のチョイスは

今年は

歴年贈与として債券を

貰い。

down angle photography of red clouds and blue sky
Photo by eberhard grossgasteiger on Pexels.com

来年以降に

相続時精算課税を使って不動産を

贈与してもらう。

というものです。

担当者
担当者

仮に200万円の贈与で
相続額は40万円安くなります。

相続対策頑張ろう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です