重度自閉症の一人暮らしを可能にした方法

GHがない。

どうしたらいいの?

という時代に

cup of delicious coffee with froth on breakfast in cafeteria
Photo by Gagan Kaur on Pexels.com

あちこち探して、こんなタイトルの勉強会に行った時の話です。

二人の重度が紹介されました。

一人目

精神福祉手帳と、療育手帳の二つをもち

区分は4。

時々、家庭内暴力もあるらしい。。

仕事は色々失敗したけど

wood bridge cute sitting
Photo by Pixabay on Pexels.com

その時は

障害者枠の

一般就労していて

給料は月6万ほど

年金は2級で月6万ほど。

合計12万の収入です。

実家からすぐのアパートに一人暮らし。

平日夕方はヘルパーさんが来て

一緒に夕食を作るらしいです。

アパートで夕食後に実家へ帰って

テレビを見たり、ピアノを弾いたりして遊び

夜になるとアパートに帰って行く。

二人目

知的に重いそうです。

詳細不明

仕事は色々変えてきて

その時は障害者枠で

ドコモプラスだそうです。

仕事内容はクリーニングですが

person using a yellow and black vacuum cleaner
Photo by cottonbro on Pexels.com

お仕事中に公文もさせてもらえるそうです。

いいなあ。。。

この方の給料は不明ですが大企業だから

悪いはずはないです。。

アパートに完全自立。

親はノータッチ

朝夕にヘルパーさんがきて

食事、洗濯、掃除、世話してもらえています。

二人に共通しているのは

ヘルパーさんの活用。

長時間、ヘルパーさんが来てくれてます。

こんなに長くヘルパーさんを

拘束するには区分が重い必要があります。

区分は1が軽いです。4以上が重いと言われています。

区分判定についてはこちらから

ヘルパーさんがいる土地だったらいいけど

田舎すぎると

ヘルパーさんがいないから

一人暮らしは難しくなりますよね。。。

この重度の二人とも

趣味もたくさんあって、幸せそうで

こんな自立もあるよなーと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です