知的発達の障害者年金1級を目指して

自閉症T君は

障害者年金1級を狙っています。

どんな人が

1級で、どんな人が

2級なのか

調べてみました。

今日のメニュー

1、年金額

2、ガイドラインの読み取り

3、例

4、1級撮るための対策

accomplishment action adult adventure
Photo by Pixabay on Pexels.com

障害基礎年金

1級は977,125円

2級は781,700円

1級と2級では年間20万くらい違いますね。

これは、頑張りがいがあると思います。

person counting cash money
Photo by Karolina Grabowska on Pexels.com

ガイドライン

障害年金にはガイドラインがあって

資料をもとに読みとくとわかってきます。

ここで

精神の障害に係る等級判定ガイドライン 平成28年版

をみてみます。

知的は、ここでは精神に入るそうです。

ここに書いてあることを

簡単に書くと

young man in glasses reading book in park
Photo by Rheyan Glenn Dela Cruz Manggob on Pexels.com

就労系障害福祉サービス(AまたはB)は

1級または2級を検討すること

障害者雇用の場合は

2級を検討すること

person sitting facing laptop computer with sketch pad
Photo by OVAN on Pexels.com

障害者雇用を利用しない家業一般でも援助を受けていたら

2級を検討すること

person wearing white pants and white socks standing beside brown broom
Photo by cottonbro on Pexels.com

知的発達で、一般企業に就職して、不適切な行動か、保護的な業務であれば

2級を検討すること

知的発達で、一般企業に就職して、問題なければ

障害者年金は無いかもしれない

知的も精神も重い、外で働けなくて家で家事をさせている場合

2級を検討すること

例2

会社に障害があることを伝えてなくて、何も問題がない場合

未支給かも

あれまあ。。。。

さらに判定要件

発達知的は、療育手帳の判定も考慮します。

とガイドラインに記載されています。

ここで療育手帳を重くした私の戦力が生きてきます。

私の対策

1、出来るだけ、今の就労Aにい続ける

なぜなら、一般企業に行くと、1級の可能性は薄いから

2、今の会社をクビになっても

次の会社は就労系サービスを選ばせる。

なぜなら、家に引きこもっても2級にしかならないから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です