県民体育大会 初出場 発達障害ボウリング

県民、広く、ボウリングって競技を楽しむための大会よね

と大きく勘違いして

息子を出場させました。

レーンは難しい

曲がらない。。。

息子は

立ち位置を変えないから

当然、ヘッドピンにすら当たらない。。。

一緒にプレーしている

方々が、お優しくて

「お母さん、ここに居ていいよ」と

お母さんが息子に教えているのは

珍しいから

有名なのかも。。。

同じグループの方には

説明して理解してもら得ました。

助言を息子に、少しできました。

新い立ち位置で

計算は息子には難しく。。。

最低点数を叩き出し。

でも凹まなかったのは

偉かったねと誉めました。

新いことを次々に教えないといけないなあ。

夜8時に始まって、9時半に終了という試合でした。

帰宅は10時を過ぎ

風呂に入る時間もなかったです。

特別に

翌日は有給休暇にしました。

他の人は、どうしてるんだろう。仕事に行ってるのかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。