発達障害 大人 療育 スポーツ ボウリング

ボウリング場の支配人自ら

指導してくれます。

なかなか伝わりません。

この方はプロボーラーだけど

福祉関係でもなんでも無く

仕方ないです。

日本語が不慣れな息子なもんで

私はイチイチ優しい言葉に置き換えます

師匠「もっと、前に落とせ」

母「もっと、遠くに投げろってことよ」

師匠「ボールが落ちてる。指調整しよう」

テープとドライバー渡して

母「調整するよ」

その他、師匠のジェスチャーも伝わってないので

具体的に言い直し、行動で示し

私はまるで通訳

支配人は怒らず、

そんな私たちを

笑っています。

支配人って、楽しんでる?

今日は、入場の前に

「待っててね。今いいレーン開くから」

と、後から来た客を先に通して

私たちを待たせ、その後いいレーンに案内してくれました。

息子は、恵まれています。

本当にいいレーンで

オイルたっぷり

曲がらないこと。

試合レーンみたいでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です