アノマリー投資3月 4月予想

アノマリー

それは、季節性の株価の上下で、理論では説明できない相場の仕組みです。

日本では6月は雨が降るから傘を持ち歩けと言うのと

同じです。

移動平均線とかも理論では説明できませんが

株価はその通りに動きます。

sp500の積立ニーサ派なので関係なさそうですが、

実は関係があるんです。

それには

ここ半期の予想を見る必要があります。

1月2月予想は以下の通りでした。

調整で下がるはず。。。。

そして3月は

2月に下落した後だから、3月初旬は上昇するはずです。

私

あら?2月は上昇してる。。。

2月はまだ半分残ってるので、わかりません。

2月上昇してる背景は

コロナ対策を各国がやって、お札を刷りまくってるから。

じゃあ、まだ上がるの?

これといったマイナス要因がないから

上がるでしょうね。

3月アノマリーは

3月初旬は上がり

3月下旬は下がる

アメリカでは第一四半期の終わりで調整が行われる月

4月は

第一四半期のポジティブニュースに期待して株価が上がりやすい。

そしてここで利益確定しやすい。

そして守りに入る。

5月

守りに入るから、上がりにくい

まとめ

4月に利益確定した人が多くなって下がるかもしれないけど、

狼狽売りせずに、そのまま

積立を続ける。

積立ニーサはアノマリーとは関係なさそうですが

出口戦略には必要なので

引き続き勉強していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です