障害児に財産を残す対策してきました。

知的発達障害の息子の後見に、将来、親が就くよう

公証人役場で公正証書を作ってきました。

waterfalls in forest
Photo by Pixabay on Pexels.com

どうして、親心後見が必要なのか

1、子供が成人してしまうと、

親権が使えなくなります。

だから

子供が成人する前に契約する必要があります。

2、子供が成人してしまうと、

後見人は、裁判所が選びます。

そして謝金が支払われます。

全然、働かない後見人でも謝金は支払われます。

ここが後見はギャンブルと言われる所以です。

3、その謝金は、子供の財産によって決められます。

子供に財産を残しても、全部

後見人の謝金に消えるという事もあり得ます。

以上が何故必要なのかでした。

この契約は公証人によって判断が分かれるそうです。

でも

公正証書があれば、裁判所は無効に出来ないそうです。

何故なら

公証人役場の人たちは、

裁判官や、検察官の天下り先なので

現役の裁判官が、先輩の裁判官らが決めた事を覆せない。

らしいです。

実際、どうやったのか

その方法についてはこちらから。

鹿内さんの本です。この本の通りにしてきました。

障害のある子が「親なき後」も幸せに暮らせる本 [ 鹿内幸四朗 ]

価格:1,760円
(2021/4/29 11:43時点)
感想(1件)

居住地では契約出来なかったので

(この証書を扱える司法書士がいなかった)

福岡迄行きました。

契約後の予定

1、両親どちらか生き残った方と、娘と、たすきがけ後見契約を結びます。

2、その後、生き残った親が後見監督人を、選ぶ予定です。多分、今のグループホームに。

3、親の死後、娘が後見人になります。遠方に居ても大丈夫だそうです。後見監督人はグループホームにしてもらう予定です。

コロナ禍の今だから

検討している人は動いた方がいいです。

息子18歳の時に

これを行う事は決まっていましたが。

これにゴーサインしてくれる公証人が中々見つからず

コロナもあって、

出かける事も難しく

20才になる前に何とか出来ました。

来年から成人年齢は18歳です。

この後見を利用する人は急いだ方が良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です