発達障害 GH 共同生活援助 準備

GH施設長と初めての面談

「普通は、お試し期間を経てから、入居を決めるのですが

 息子さんの場合、高校生の時から問題ないとわかっているので

 契約書を交わす事で、大丈夫ですよ」

高校生の時に、

ここの付属施設を日中一時として利用していたのが

良かったようです。

高校の時の担当相談員さんの話は本当でした。

その時に言われたのは

「今からは、子供を皆んなに知ってもらう機会を増やした方がいい」

放課後デーはどんな子でも受け入れる感じでしたが

大人のGHは、どんな子でも受け入れるわけではないよう。

私は、このGHキャンセル待ちを、

4年前に申し込み、来年入居です。

GHが、なかなか無くて。

知人は別のGHに10年待って入ったそうです。

GHは、入れようと思った時が、その時です。

素行が悪くて、退去してもらった利用者さんの話も出ました。

退去勧告は30日前だそうです。

壁には、決まり事が書いてある紙が貼ってありました。

えらい大きな字で「禁酒」と。

いい事です。

今日、決まったのは

1、自分でお金を下ろして、GHに預ける

2、GHは、スタッフ二人でお金を管理する

3、弁当代は、GHで買う

4、コロナで、外出は制限してもらってる。

5、散髪は、施設の人がまとめて行くところがある。

この、4が難点ですね。

話は尽きないので、来週また話し合いになりました。

帰宅後に

今の相談員に

情報開示を

GH施設長にしてほしいと電話を入れました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です