2000万円積立させる方法 老後対策と注意点

発達障害の息子の老後対策に

楽天ジュニアニーサをしています。

money pink coins pig
Photo by Skitterphoto on Pexels.com

ジュニアニーサは20歳以下の子供に親ができる積立です。

はじめて半年ですが

全世界株式 現在リターン11%と好調です。

しかし

以下を聞いて

やり方を変えました。

私は、

毎月1万円づつ、100ヶ月、トータル100万円

出来うる限り、積立て行けば良いと思ったのですが。

100万円あるんだったら

まとめて全世界株式に投資した方が良さそうです。

100万円分の株数がリターンを早期に生み出してくれるそうです。

でも、

まとめて投資したら

ジュニアニーサの非課税枠からはみ出ます。

折角、非課税枠があるんですから利用したい。

それに、まとめたら、ドルコスト平均法が使えなくなり危険です。

というわけで

まとめと注意点

1、ジュニアニーサ非課税枠から、はみ出ない程度の、積立をして、

  早期に100万円を投資してしまう事にします。

2、100万円投資した後は、本人の給料から千円づつの積立投資に変更します。

  私が死んだ後に、息子の金銭管理を見るひとは、千円づつの積立して居ることだけ知る

  ことになります。

3、この2千万円は、息子の老後資金です。大事に。裁判所にも教えてはいけません

お金があるとわかると、裁判所の判断は、全然知らない人が後見人に付く可能性が高いそうです。

そして、

全然知らない人が後見人に付くと、

お金の動きに文句をつけられ、多額の謝金が後見人に支払われ、

折角、貯めたお金は

本人には支払われず、

使われず、裁判になったケースが多々ありです。

まだまだ、私も勉強を続けます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です